Menu

グリーンベルト事業 森の世話人「マドリーナの森」


六甲山系グリーンベルト整備事業
私たちの住む神戸には山や海がとても身近な地域です。
平成7年1月17日に起こった兵庫県南部地震によって、六甲山系はいたる所で山の斜面がくずれたり地割れが発生。その後の雨によってくずれた所はさらに増え、その数は1000箇所以上にも達しています。
また、地震によってゆるんだ地盤は、今後の大雨などによる土砂災害の危険性があります。
このため六甲山系を一連の樹林帯(グリーンベルト)として守り育て、土砂災害に対する安全性を高めるとともに、緑豊かな都市環境、景観などを作り出そうという六甲山系グリーンベルト事業が開始されました。
NPO法人こども育ちわたし育ちマドリーナはこの「六甲山系グリーンベルトの森づくり」の活動に共感し、何か活動できないかと思い、神戸市灘区油コブシエリアの一角の森の世話人として登録を頂きました。
 
森の世話人って何?
六甲山系グリーンベルト整備事業地において、森つくりを行っている市民団体や企業等を「森の世話人」と呼びます。
森の植樹、下草刈、伐採、地域との交流等をしながら、元気で明るい森作りをします。 また、必要な機材の貸与・支給等の支援を受けることができます。
 
森の世話人 マドリーナの森
・森つくりとは何か?実際に森に入って体験
・道具の説明、使い方を知る
・ネザサ刈り、常緑樹の伐採 木を切る体験
・新しい木の植樹
・作業道の整備(階段や道作り)
・自然と環境 の知識を知る
・親子で学べる自然観察「森のムッレ教室」
・森の木々などで作るクラフト   等

親子で参加できる体験教室を年間5、6回開催予定。
グリーンベルト事業
グリーンベルト事業
グリーンベルト事業
グリーンベルト事業
 
TOP ▲